« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月16日 (木)

新年度と新体制での火山研究への期待

 我が研究室に4月からS主任研究官が仲間入りした.さらに鹿児島支社から本社に異動になったH係長も4月から当室の併任になり,新たな仲間を迎えての歓迎会.

 これまでの研究対象の中心は地の底(地殻変動)であったが,これからは空の果て(噴煙モデルと移流拡散)にまでに拡大する.これからの火山研究の対象が広い分野にわたることになり,より火山防災に直結するような有機的な研究成果が期待できそうで,嬉しい.

 しかし,アルコールのせいなのか,腰の痛みが増して自分は途中退場.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

スポーツ大会と腰痛と火山観測

 わが社では毎年4月に恒例のスポーツ大会がやく3週間にわたり開催される.ソフトボール,綱引き,マラソン,テニス,バトミントン,サッカー等の種目を,昼休みと退社時刻後に各研究部対抗で競う.これは異動で新しく加わったメンバーとの親睦を深めるという意味合いもあるが,賞品のビールの本数が総合成績の順位によって色づけされるのでよけいに力が入る.
 力が入りすぎて?,大会開始早々に腰を痛めた.それでも緩い運動で体を慣らす方が効果的と思い,軽いジョギングやジムでの軽い運動をしてしまい,いっそう悪化.普通に歩くどころか,じっと座っていることもできない.三脚を運ぶこともおぼつかない.
 これでは今年度も数ある火山観測をこなせそうもない.ましてや20kgもの荷を背負って,登山などは... 身体だけは丈夫と自負して,無理してきたつけがまわってきたようだ.
 椎間板ヘルニアなどになっていなければ良いのだが.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

退官記念祝賀会

 札幌で,大学時代の恩師の退官祝賀会に参加.師には自分のように公私ともにお世話になった元学生らの他,全国から多くの研究者が集まり,その人望の深さ,交流の広さを感じた.火山の業界からも多くの先生が参加され,いま北海道のどこかの火山が噴火しても,すぐに噴火予知連の現地対策本部を立ち上げられそう.そうなれば自分はまた事務局か.
 師の人間的な懐の深さに多くの学生が師のもとに集まり,そこで学び飲んだ.長い間おつかれさまでした.雌阿寒岳や十勝岳の観測で寝食をともにさせて頂いた学生時代の経験は,自分にとってはかけがえのない宝になっています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

大型補強の新戦力

 わが研究室に新年度から,S主任研究官が加わり6人体制になる.本社で,移流拡散モデルに基づく降灰予測業務の導入に直接かかわったスペシャリスト.さらなる予測精度を上げるために,我々と一緒に働くことになる.
火山は学際的な学問,現在は地殻変動研究にかなり軸足をおいてきたが,気象分野を融合する火山研究こそがこれからアピールできる選択肢の一つであることに間違いはない.その点では大型補強だ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

スポーツジム

 昨年の今頃,風呂場で鏡に映った自分の上半身をみて愕然とした.胸板は薄く,肩は下がり,全くの貧相な体つきに変わり果てていた.学生の頃はラグビー部で鍛えていたので,筋力,腕力はある程度自信があったが,いまは見る影もない.肉体派火山研究者にとっては身体が資本.これでは仕事で山に登るにも,頼りないだろう.
 ということで,一念発起してスポーツジムに通いだし,約1年がたった.一週間に2日くらいしか通えないが,それでも行かないよりはまだましであろう.今シーズンの登山では,トレーニングの効果が出るだろうか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »