« 腰痛と火山観測 | トップページ | 第14回目の伊豆大島重力観測 »

2009年6月10日 (水)

第25回つくば火山学セミナー

今回のデーマは「2009年浅間山噴火」,担当はGSI.自分は「GPS,EDM,傾斜計による浅間山の地殻変動」を話題提供する.ミューオンによる浅部火山体の透視という興味深い発表もあり,それら多くの話題提供によって参加者が共通認識したことは,「地震学,測地学他の観測結果から,2009年浅間山噴火も2004年同様に北西部からマグマ供給があったが,長期的にも短期的にも山頂直下の極めて浅い場所で噴火の前駆を示す観測結果のソースが存在する」ということか.

|

« 腰痛と火山観測 | トップページ | 第14回目の伊豆大島重力観測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109265/47258129

この記事へのトラックバック一覧です: 第25回つくば火山学セミナー:

« 腰痛と火山観測 | トップページ | 第14回目の伊豆大島重力観測 »